So-net無料ブログ作成
検索選択

第二種電気工事士、合格しました 総括も [第二種電気工事士]

第二種電気工事士 技能試験結果
合格
bcad1168931b98795e21d9c536940f83_s.jpg

よかったぁぁぁ。
筆記と違って、技能試験は複線図以外は自己採点がやり難いので、多分できてるはずのままの結果待ち、それも年越し挟んでの約一ヶ月半は長いです。
来週に郵送で届くようですが、やはり気になるものでインターネットの合格者検索で確認してきました。(検索は13日の9時半~。)
よし、これで落ち着いて郵便を待てます。

去年の2月には受験すること自体は決めてましたが、下期受験なので受験申込6月、試験勉強開始8月、筆記10月、技能12月、結果発表1月と資格取ろうとしてからの期間は1年間と長かった。
上期なら8月には終わってるのですが。

H29年度で受験しようかなと思っている方は、試験開催場所の点からも上期受験がお薦めです。
詳細は「筆記試験2016④試験 上期と下期 選択すべきは」

実質勉強・試験期間は4ヶ月なんですが、その前後が長いんですね。

おすすめ筆記試験勉強本 2017年



ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017 (【すいーっと合格赤のハンディ】)

ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017 (【すいーっと合格赤のハンディ】)

  • 作者: 藤瀧和弘
  • 出版社/メーカー: ツールボックス
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版

ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版

  • 作者: 藤瀧和弘
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

技能試験⑦講習会 地方在住の悲しさ、いや穴場がありますよ [第二種電気工事士]

技能試験は課題を的確に組む作業が必要です。
独学でもある程度できますが、講習についてはどうでしょうか?

実際、私の場合仕事が繁忙期でなければ、講習を受けたかったです。
確かに本番が近づけば課題を組み上げて練習をこなしますが、その前はなかなか身が入らず進みません。
やっぱ、俺の心よええええええっよ。

筆記試験のあと、会場外でもらった技能試験講習会の案内、2週間前の土日の2日で27,000円。
行った人のコメントで多いのが「遅い人のペースに合わせるので、ゆっくりすぎてもったいなかった。」

そうなんです、俺は遅い方。なおさら俺は講習会に行かねばーーー!
試験一週間前に、一日時間が空いても一人では課題3つでいっぱいだった。
時間というより、精神的に。
気分転換とその時間が長いんだよね、俺。
やっぱ弱ええ俺の(略)

講習会どうしようかなと悩むあなたお薦めです。
追い込みで試験前数日は精神的にきつかった。
練習しなきゃ、でも時間ないぞ、もう試験だと。

試験前の数週間前に講習受けて、試験近づいたら自分で復習で練習でいいな。
その時期の講習会は費用出すべきでしょう。
大事なのは確実に合格すること。

講習会なんて地方ではないよと、地方在住の悲しさ。
待ってください、調べるとありますよ。
俺は日程合わなかったのですが、職業訓練校(ポリテクセンター)でも第二種電気工事士受験対策講習会をしてますよ。
ネットで調べるか、直接電話して聴いてみるのもいいと思います。
意外と近場でやってる場合もありますよ。

技能試験⑥本番 さあ出題されたのは! [第二種電気工事士]

開始の合図で問題用紙をめくる。
材料一覧にパイロットランプがあったので、パイロットランプ回路が出題とは予測済み。

さらに候補問題から昨年と上期出題の5問を外した、8問からヤマをはり選んだ3問
一番くると思っていたのは候補問題10番「パイロットランプ回路 同時点滅」4回作成したし、どんと来いだ!!!!
俺すげーよと思ったのはめくるまで。

そう、出題は「パイロットランプ回路 常時点灯」の2番でした。
ひえー、これ1週間前に一回だけした課題だ(泣)
ええ、材料一覧の埋め込みコンセントケーブルの長さで、そうかもとは思ってました、ううぅ。

気を取り直して複線図をまずはしっかり書こうと問題を読んでると、隣からスパ、スパ、カシュ、カシュとストリッパーの音。
えっ、この人、いきなり器具の取り付けに入ってますけど・・・、緊張メータが急上昇する俺だった。
なんとか隣は気にしないようにして自分のペースを取り戻して課題作成へ。

ふううぅ、それにしても達人は違うわと作成しながら、隣をちらり。
あれっ、あれっ、達人組み上がってませんが?
えっ、そんな時間かかるなら俺大丈夫なの?再び緊張メータが急上昇
なぜか、リングスリーブで3本結線のところを2本で圧着してしまい、リカバリー作業も入ったけど(泣)
結果オーライ。
まあ、常時点灯はもともと難易度低い課題なので時間5分前に見直しも完了。

試験終了、達人はとチラリ。えっ、出来上がってないよ??

会場内を見渡すと課題は、ほぼみんな完成してある感じでした。
達人は何だったのだろう?と軽く疑問に思いつつ
隣の人のペースに慌てたのにぃぃ。

自己採点では、複線図は間違ってないし、作業工程もなんとか問題ないはず。
さあ、結果発表が来年になるけど、どうでしょうか。

ええ、この結果発表って当月内に出してくれないのかなと思うのね。
筆記も一ヶ月待って、技能は一ヶ月半。
この期間の短縮は切に願うところであります。

今回の反省
「ヤマをはる それはいいけど ほかもやれ」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。