So-net無料ブログ作成
検索選択

筆記試験編2017①参考書編 何はなくとも過去問集 [第二種電気工事士]

第二種電気工事士 筆記試験合格するには
電気の知識や工事、各種部品工具などなど覚えるのが大変??

試験の合格判定は50問中30問正解で合格
結論からいうと、過去問対策が出来ているならば楽勝である。

抵抗の数値計算や、複線図書けたほうが良い点は取れるでしょう。
仕事をしながら、家庭もろもろの用事もあり、勉強時間は限られてるのが大多数なのでは
すると必要なのは、効率的な方法と反復です
つまり過去問を繰り返しするのが一番効果があります。

ちなみに私の過去問での正解率の変化は前回記事 筆記試験編2016に記載してます。
うん、最初はひどい点数だ(泣)
でも短期間勉強での合格はできた♪

過去問が大事なのはわかった
となると参考書選びが重要

本屋で実際に見て参考書買おうとしてる方、必ず今年度版を買ってくださいね
ネットショップは2017年度に大体変わってるけど、本屋の在庫は平気で2015年とか残ってるのもあるから気をつけよう。
特に技能試験参考書・・・、私は本屋で8月にもかからわらず昨年度の参考書を気付かずに購入。
今年の発表問題が載ってないよと別に持ち歩きました。

学習方法→まず過去問を解いて、その解答を理解・暗記 そして反復
 2周、3周と繰り返します。解答はノート見開きの左側1ページに1回分記入して、2周解答は右側ページを使うようにすると、どの問題が解けるようになったかが分かりやすい
不正解問題群を集中的に覚えれば3周目、4周目でグングン正解数が増えます。
え?同じ問題3回して答を覚えても、試験のときに正解できるわけないのでは?
いえ、それができるのです。
問題作る人も手を変え品を変えとしますが、だいたい過去問で網羅される。

合格判定は50問中30問正解すること、要は6割正解で合格。
なら問題なし、これが試験勉強王道の過去問学習

お薦めは『ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士 筆記過去問2017(すいーっと合格赤のハンディ)』
筆記試験対策では、多くの方からこれだね!と押される名参考書

ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017 (【すいーっと合格赤のハンディ】)









実際の試験問題を解く雰囲気でいくなら
『詳解 第二種電気工事士筆記試験過去問題集
解答集が別冊分離できるので、試験問題解いたあとの答え合わせや、問題理解にも便利です。
どちらか一冊なら『ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017』かと思います。
参考書はバッチリ。さあ、なにが問題だ?

詳解 第二種電気工事士 筆記試験過去問題集 ’17年版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。