So-net無料ブログ作成
検索選択

技能試験⑤会場到着 準備は万端か、いや今からだ [第二種電気工事士]

会場到着すると人の多いこと多いこと。昨年の下期九州での受験者数は2,027人。
それも福岡北九州の2会場でだ。今年は北九州一箇所すごい多いね。

会場は展示会場に大量の長机と椅子が準備されてました。

そう、大学とかの講義室とかの机でないので消しゴムかけるだけで動くし、椅子はパイプ製なので良いとはいえない。
やべっ、もうここから試験は始まっていた

先人のアドバイス 「技能試験にはタオル準備♪」
役に立ちました。ありがとうございます。

長机で作業するのにスペースは余裕なし。
片側に工具と受験票。タオルを敷いて工具を置くと安定するし取りやすい。
課題材料を反対側に起き、細かいパーツも箱から出してタオルの上や横に動かないようにセット
かなり作業しやすくなりました。
隣の人の消しゴムかけで、工具や、パーツが転がり落ちたら目もあてらないし。

そして、実際にその場になってわかったのだが、椅子が作業する体勢に適してなかった。座る位置で尻が深いんだな。
講義を聴いたりするならよいのだが、今回は作業中はやや前傾気味の体勢である。
予備タオルでお尻の上げ底に使用。ほっとひと息、開始をまつ。
ちなみに俺の隣の受験者は、開始直前に到着。
ふっ素人がと思いつつ、ちらりと見ると使い込んだ工具がどんどんと積まれる、あっ達人ですね。(俺が素人)

そして時間に受験上の説明が始まるが、前哨戦は始まっている。
問題用紙が机に配られる。
ふたつ折りのA3用紙1枚、これだけである。
この時間はただ待っているのではない。

表紙に材料一覧がある。
ここから出題を絞りこめる。
さらに材料一覧の裏側は問題の工事図が書いてあるのがうっすらと見える。
ここでシュミレートすることにより、ウォーミングアップにもなり、試験開始での複線図書きもスムーズにできるかと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。